Renault Passions

  • facebook
  • twitter
“パッショニスト” による、ルノー スペシャルイベント。

&Friends #001,

Photos:Syinya Keita & Text:Shogo Hagiwara

"パッショニスト" による、ルノー スペシャルイベント。

TOKYOの新たなカルチャースポットとして注目される『代官山 蔦屋書店』。クールかつ洗練されたこの会場スペースで、カングーの上級グレード『カングー イマージュ』のデビューと、ルノーの期間限定コンセプトショップのオープンが発表された。

 今夏に開催されるロンドン・オリンピックの会場となるスタジアムを手がけたことでも知られる東京ベースの建築事務所、クライン・ダイサム・アーキテクツによるクリーンでオシャレな3棟の低層建築で、東京のあらたな名所となった『代官山 蔦屋書店』。
 書籍、音楽、映画のみならずライフスタイル全般を感度の高い人々に向けて発信するこの新スポットで、ニューモデル『ルノー カングー イマージュ』のデビューと、ルノー・ジャポンが蔦屋書店とコラボしてオープンした期間限定コンセプトショップ『Vis Tes Passions Jardin』のオープン(2012年3月30日?4月1日)が発表された。
 暖かい春の日差しが降り注ぐ穏やかな陽気に恵まれ、プレス関係者でいっぱいとなった会場には、"パッショニスト"としてコンセプトショップのプロデュースに携わった、モデルSHIHOさん、ファッションディレクター軍地彩弓さん、デザインプロデューサー黒崎輝男さん、ライフスタイルプロデューサー村上萌さん、スタイリスト亀恭子さん、さらにはフランスから来日したルノーのデザイン・マネージャーを務めるアラン・ロネら蒼々たるメンバーが大集結した。

"パッショニスト" による、ルノー スペシャルイベント。
"パッショニスト" による、ルノー スペシャルイベント。
"パッショニスト" による、ルノー スペシャルイベント。

 最近、お子さんが生まれたSHIHOさんは数あるテーマが設定されたコンセプトショップの中でも"フレンチライフスタイル"を担当。ご本人のフランス観について聞かれると「フランスというと古いものを長く大切に使おうという意識が非常に強い国だと思います。ある意味ですごくシンプルなんですね。そのなかで"今"のトレンドを取り入れようとする姿勢も共存しているのがフランス、特にパリに特徴的なライフスタイルなのではないかと思います」と話した。
 SHIHOさんはプレス会見後に蔦屋書店2階にあるラウンジスペースで別途行われた対談でも、ルノー・ジャポンの大極司COO(現 代表取締役社長)や、ルノーのインフルエンサーとしても知られ、専門とするファッション以外の分野でも活躍目覚ましい軍地さんと軽妙なやり取りを披露。特にヨガを取り入れたヘルシーかつロハスなライフスタイルに関する話題は会場の注目を集めた。

"パッショニスト" による、ルノー スペシャルイベント。
"パッショニスト" による、ルノー スペシャルイベント。

 またこの会見で、ルノー・ジャポンの独立法人化および新たなメディアとなるウェブマガジン『Renault Passions』のローンチを発表した大極COOは、「"Vis Tes Passions=好きを走れ"の宣言どおり、情熱、こだわり、個性に溢れたルノーの価値観にこれからもっと多くの人々に触れていただければ大変嬉しく思います。ルノーにはスペックの数字上には現れない魅力が多分にあります。そんな言葉では表せない、個性を徹底的に楽しむルノーの哲学をみなさまにこれからも伝えていく努力をたゆまず行っていきます。また、F1をはじめとするモータースポーツへの情熱をもったブランドとしてルノー・スポールもここ日本では全面的にプッシュしていきたいと思っています」と決意を新たにした。

"パッショニスト" による、ルノー スペシャルイベント。
"パッショニスト" による、ルノー スペシャルイベント。

 代官山 蔦屋書店での開催という話題性もあいまって平日開催ながらたくさんの人が集まった会場には、メガーヌやトゥインゴ ゴルディーニ ルノー・スポールなど現行ラインナップのクルマもずらっと並んだ。なかでもこの日、お披露目された『カングー イマージュ』をテストドライブしたライフスタイルプロデューサーの村上さんは、コンセプトショップが掲げるカテゴリーのうち"フレンチオーガニック"を、ファニチャーショップ『IDEE』の創業者としても知られる黒崎さんとともに担当。「単にフランスのライフスタイルをそっくりそのまま日本に持ち込むのではなくて、クルマのライフスタイルもそうですが、良い部分を取り込みながらも、自分自身のスタイルを表現していくことが重要だと思います。今回のセレクトもそれをひとつの基準として富山の名産品などもあえてとりあげました」と今回のポップアップショップでのアイテムセレクトに対するこだわりを話した。

  • "パッショニスト" による、ルノー スペシャルイベント。
  • "パッショニスト" による、ルノー スペシャルイベント。
  • "パッショニスト" による、ルノー スペシャルイベント。

 また、フランス本国から唯一の参加を果たしたデザイナーのアラン・ロネは、「今回のようなブランドを代表するコンセプトを体現するセレクトショップというアイデアは、わたしたちデザイナーにとってもとてもエキサイティングなものです。ルノーは、スポーティからファッショナブルまで、とてもキャラクターの強いクルマをこだわりをもってつくっているブランドですが、その世界観をひとまとめに体験できますからね。イベント自体もとてもフランス的なアプローチでワクワクします」と笑顔で話し、豪華な顔ぶれの"パッショニスト"たちと、洗練された雰囲気の会場スペースにいたく感銘を受けた様子だった。
 ちなみにロネは最近ヨーロッパでローンチされ日本市場投入も近い新型トゥインゴのデザインや、最新のコンセプトカーなどを担当した人物。
「新しいトゥインゴは、私たちデザイナーが情熱をもってつくりあげたクルマで、これまでよりさらにファッションを意識したデザインです。カラーリングにもこだわっています。私自身、クルマが大好きで、カーデザインの仕事にひとかたならない情熱を注いでいます。日本の皆さんもそんな情熱やこだわりを持ったライフスタイルを楽しんでいただけるといいですね。まさに『Vis Tes Passions』です!」と語った。

"パッショニスト" による、ルノー スペシャルイベント。
"パッショニスト" による、ルノー スペシャルイベント。

パッショニスト紹介

SHIHO
ファッションモデル

雑誌『sweet』(宝島社)や『BAILA』(集英社)を中心に、第一線で活躍し続けるトップモデル。
雑誌以外にも、TV、CM、ラジオと多岐に渡って活動中。
近著に、ヨガの作法や健康管理、体型維持、美容法など、
美の秘訣を凝縮したトータルビューティガイドブック『SHIHO's Beauty Theory』(SDP)がある。

黒崎輝男
デザインプロデューサー

1949年東京生まれ。IDEEを設立。家具とデザイン、鉄と木工芸の工房を開設する。
1999年東京デザイナーズブロック。2001年IDEE R-project始動。
2005年流石創造集団を設立。同年スクーリング・パッド設立。2009年自由大学設立。
青山国連大学にて開催されているファーマーズマーケットのコンセプト立案運営を手掛ける。デデザイン、文化を中心に多方面で活躍。

軍地彩弓
ファッションディレクター

講談社「ViVi」にて、フリーランスのファッションライターとして約15年間従事。
2003年講談社「GLAMOROUS」創刊に携わる。
現職は「VOGUE girl」のクリエイティブ・ディレクター。

亀恭子
スタイリスト

ファッション誌『AneCan』を中心に活躍する人気スタイリスト。
OLを経て『CanCam』スタイリストに。2007年『AneCan』創刊から携わり、現在も同誌を中心に活躍。そのセンス溢れる個性的なスタイリングは、読者の絶大な支持を集める。

村上萌
ライフスタイルプロデューサー

初代MISS FOREVER21獲得以降、「1.5歩先の共感できるワクワク」をテーマに
写真と共に綴るブログが話題となる。現在は国内外の取材で飛び回る傍ら、商品やイベント、空間などのプロデュースを手掛ける。近年は自由大学にてSNSを使ったセルフメディア学の講師も務め、次世代に向け新しい働き方も提唱している。

アラン・ロネ
インターナショナルレンジデザイン マネージャー

これまで、コレオス、ラグナクーペ、新型トゥインゴのデザインチームに参加。
最新のコンセプトモデルも手がける。

掲載情報は2012年5月時点のものです。

LATEST CONTENTS

※写真には一部欧州仕様を含みます。

PAGE TOP