Renault Passions

今月のお花

R's Originality #031,

今月のお花

デンドロキラム/エノコログサ/ベルテッセン

Origin of birth= Philippines / Unknown / China

 前回に引き続き、三種類のお花をアレンジしてみました。今回使用した植物はどれも線が細いものですが、こうして数多く集めて束ねてみることで、また新たな一面を見せてくれます。
 では、一種ずつご紹介していきましょう。まず、デンドロキラムは一見すると稲穂のような形状の植物。東南アジアに分布し、樹木や岩の上に着生します。細長く伸びた新芽の中から花茎を伸ばし、しな垂れて開花します。開花時期は真夏を除いた通年で、交配はほとんど行われておらず市場に出回っているものは貴重な原種です。色形のバリエーションが豊かで、どれも甘く良い香りを漂わせます。
 イネ科のエノコログサは、誰もが知っている「猫じゃらし」の名前で有名な雑草です。夏から秋にかけて付ける毛の長い花穂が犬のシッポのような形状をしていることから、「いぬっころくさ」が転じてエノコログサの名になったと言われています。
 最後はキンポウゲ科のベルテッセン。この花のつるはとても丈夫で、昔は作物を束ねる紐代わりに利用されていました。クレマチスの交配種のひとつで、切り花用に改良されたのがこのベルテッセンです。細くしっかりとした茎のうねり、そこに均等に付く葉、釣鐘状の形の花のバランスが実に美しく、紫、ピンク、白、紅色など、はっきりとした花色も特徴的。通常のテッセンは花が開ききりますが、ベルテッセンはその名のようにベルの形に少し垂れて咲きます。

川口昌亮

PROFILE

川口昌亮 Masaaki Kawaguchi
1974年、兵庫県神戸市生まれ。2000年、HERBE DE CAMPAGNEの加藤正治氏、田中千明氏に師事。2005年から2年間のフランスで修業後、2008年にwork shop point neuf(.9)を設立。
http://www.p-neuf.com

PAGE TOP