Renault Passions

今月のお花

R's Originality #033,

今月のお花

バラ / ブローニアレッド / 松かさ / カエンボク

Origin of birth= Netherlands / South Africa / Unknown / West Africa

 今回はクリスマスリースをテーマにしたアレンジメントです。
 まずはバラ。深く咲くタイプと浅い咲き方の品種をチョイスしました。同色でつながりを出しながらも、印象は随分と違います。香りのしない品種を選んだこともポイントです。芳醇な香りのバラも素敵ですが、クリスマスの芳しい料理にお花の香りがバッティングすると、賑やかになってしまいがち。引き算を心がけましょう。
 バーゼリアは実のような蕾が沢山ついている、とても可愛いらしい花です。開花すると、無数の細い糸状の花が実のような蕾を包み、フワフワとした質感に変わります。写真のバーゼリアはブローニアレッドという鮮やかに赤みがかった品種です。質感も豊かで保ちも良いので、冬のアレンジには大活躍します。
 松かさは皆さんもご存じの“まつぼっくり”です。クリスマスツリーによく使われますが、今回は特徴的な凹凸部分を隠して丸いお尻の部分を前に向けた、より立体感の出る形のアレンジをしています。
 カエンボクは、枝先に赤いチューリップのような花を付けます。今回使ったのは赤い花弁が出る前のもの。冬はお花が長く保つ季節ですが、どうしても日が経つにつれて、瑞々しさはなくなってきます。ドライになっても楽しめるように、異なる素材感の花材をミックスするのもおすすめです。
 自分好みのセレクトで、豊かなクリスマスをお過ごしください。

川口昌亮

PROFILE

川口昌亮 Masaaki Kawaguchi
1974年、兵庫県神戸市生まれ。2000年、HERBE DE CAMPAGNEの加藤正治氏、田中千明氏に師事。2005年から2年間のフランスで修業後、2008年にwork shop point neuf(.9)を設立。広告や雑誌、店舗ディレクション等で活躍中のフラワーディレクター。
http://www.p-neuf.com

※掲載情報は2014年12月時点のものです。

PAGE TOP