Renault Passions

PARIS DIARY

R's Originality #033,

December 2014 ▶︎ クリスマスが待ち遠しいカレンダー

  アドベントカレンダーの起源は19世紀初頭。ドイツでクリスマスの24日前から当日までを数えるために始まったのだとか。アドベントとはイエス・キリストの降誕を待つ期間。12月1日から始まり、毎日“窓”を開いていくというスタイルのカレンダーです。窓を開くと写真やイラストが描かれたもの、物語の一編が書かれたもの(24話で完結するような内容)、小さなプレゼントが入っているもの、そして、最近はショコラが入ったタイプがあります。
 パリでは冬時間に変わる10月の最終日曜日を境に、このアドベントカレンダー(ショコラバージョン)が店先に並びます。その種類は様々で、子どもたちに人気のあるアイドルやアニメのキャラクターから、サンタやクリスマスにまつわるクラシックなタイプまで。毎年の流行がわかるほどのラインナップ。価格も2€〜20€と幅広い。子どもから大人まで、この季節ならではのアドベントカレンダーとともに最後の1ヶ月を過ごします。
 毎年ママンたちは言います。「12月は子どもたちがすぐ起きてくれるわ」。
 そう、アドベントカレンダーは朝のお楽しみなのです。

PARIS 01 PARIS 02
PARIS 03 PARIS 04 PARIS 05 PARIS 06 PARIS 07
松永麻衣子

PROFILE

松永麻衣子 Maiko Matsunaga
編集者、『chocolatmag』編集長。1965年鎌倉生まれ。雑誌『POPEYE』のエディターとしてキャリアをスタート。その後『MCシスター』『プチセブン』など数多くの雑誌でファッションエディターとして活躍し、1996年に渡仏。現在は3人の子どものママンでもある。パリ発の大人と子どものウェブマガジン『chocolatmag』の編集長も務める。
http://www.chocolatmag.com/

※掲載情報は2014年12月時点のものです。

PAGE TOP