Renault Passions

HOME SWEETS HOME

R's Originality #033,

VOL.33 Sablés Bretons

サブレブルトン

 前号でブルターニュ地方のクイニーアマンをご紹介しましたが、今回もブルターニュにちなんだお菓子をご紹介します。
ブルターニュ地方はあの有名な世界遺産のモンサンミシェルがあるところです。素朴な味ですが、フランス人にとっては懐かしい味と親しみのある味で、よくお茶菓子に使われます。よくおばあちゃんの味ともいわれます。ブルトンとはブルターニュのこと。サブレはクッキーの一種で、さっくりとした食感とバターの風味が特徴的です。サブレという言葉、日本でよく耳にしますが、実はフランス語だったんですよ!では、手軽に作れるサブレブルトンを一度作ってみてください!

材料(4人分)
バター150g
カソナードシュガー150g
薄力粉200g
ベーキングパウダー8g
卵黄60g
バニラ1本
作り方

カソナードシュガーとバターを混ぜ合わせる。

①にあらかじめ混ぜ、ふるいにかけておいた薄力粉とベーキングパウダーを合わせる。

最後に卵黄とバニラビーンズを入れて、ラップをかける。

③を冷蔵庫で1時間休ませる。

休ませたら1cmの厚みで伸ばし、6cmの円の抜型で抜く。

155℃のオーブンで1時間焼く。

全体がきつね色になったら完成。

納富大輔

PROFILE

納富大輔 Daisuke Notomi
1997年渡仏。ル・コルドン・ブルーで学んだ後、ピエール・エルメ・パリでパティシエとして修行。
その後MOFパティシエ、オリビエ・バジャールに5年間師事。2010年フランスでNotomi consultingを設立、様々なフランス菓子の分野で活躍中。

※掲載情報は2014年12月時点のものです。

PAGE TOP