Renault Passions

PARIS DIARY

R's Originality #037,

Photos & Text= Maiko Matsunaga

February-March 2015 ▶︎ パリの日曜日の過ごし方

 キリスト教の伝統から「安息日である日曜には、労働をしない」ということでフランスの日曜日はお店がほとんど閉まってしまいます。そんな日曜日の一般的な過ごし方を今回はご紹介しましょう。
 パリでは夫婦共働きが基本。日曜日にはスーパーマーケットも閉まっているので、午前中だけやっているマルシェは1週間分の食材や新鮮な野菜等を買い込む人々で溢れます。お花を生け直すのも日曜日。そして、マルシェの後にカフェで朝からビール、なんて光景も “THE 日曜日”。フランス人は実家に集まりお昼ご飯を親族で食べることが多いそう。そうでなければ仲良し家族で集まり、食材を持ち寄りランチを食べる。日曜日のイベントは “ランチ”なのです。
 「日曜日ぐらいは手抜きしたいなぁ」というときの便利メニューは、お肉屋さんでくるくる回っている鳥の丸焼きです。いろいろなごちそうが並んだ後でも、手抜き鳥の丸焼きのランチの後でも〆はガトー。絶対に甘いものを最後に食べないと気が済まないのがフランス人。車の数もグッと減る静かな午後は、楽しいおしゃべりに花が咲くのです。

PARIS 01 PARIS 02
PARIS 03 PARIS 04
PARIS 05 PARIS 06
松永麻衣子

PROFILE

松永麻衣子 Maiko Matsunaga
編集者、『chocolatmag』編集長。1965年鎌倉生まれ。雑誌『POPEYE』のエディターとしてキャリアをスタート。その後『MCシスター』『プチセブン』など数多くの雑誌でファッションエディターとして活躍し、1996年に渡仏。現在は3人の子どものママンでもある。パリ発の大人と子どものウェブマガジン『chocolatmag』の編集長も務める。
http://www.chocolatmag.com/

※掲載情報は2015年3月時点のものです。

PAGE TOP