Renault Passions

A Memorable Drive クルマでお出かけした家族の思い出をめぐる。

R's Originality #038,

Words=Shota Kato
Photos=Etsuko Murakami

 神奈川県愛甲郡清川村にある宮ヶ瀬ダム周辺は関東有数のドライブスポットだ。宮ヶ瀬湖にかかる虹の大橋を対岸上に一望できるビューポイントの鳥居原駐車場はクルマ好きたちのオフ会のメッカでもある。ルーテシアやカングーのオフ会も開催されているという。撮影当日は雨上がりの曇り空だったが、霧がかった自然風景は林真太郎さんと瀬野哲正さんのメガーヌR.S.をより精悍に引き立てていた。重厚感のあるロケーションに相まって、グリ カシオペ Mカラーのボディもグッと深みを増している。
 林さんと瀬野さんは自動車SNS「みんカラ」で知り合った仲だという。きっかけは林さんが購入したばかりのメガーヌR.S.の画像をアップしたこと。先にアップしたのは瀬野さんだったが、なかなか次が出てこなくて林さんが続いてくれたのに嬉しくなり、ついコメントを残してしまったのだとか。二人はお互いのブログに書き込み合っている中で仲を深め、実際にお互いのメガーヌR.S.でドライブに繰り出すようになった。ミリタリー好きという共通項から海上自衛隊厚木航空基地を訪れ、メガーヌR.S.を並べて戦闘機の見物を楽しんだという。そんなクルマにミリタリーといった男の趣味を楽しむ二人が、メガーヌR.S.を購入したきっかけは何だったのだろう。

01 02

01.林さんと瀬野さんが一緒に宮ヶ瀬ダムをドライブしたのは今回がはじめて。
林さんは夜中に訪れることもあるという。

02.二人はメガーヌR.S.がきっかけとなり、ミリタリー部を結成。
仲間たちとともに撮影会を過ごす。

 「46歳という年齢を考えたら、もうマニュアル車に乗れるのは最後かもしれないなと思って、20年ぶりに乗ってみたくなったんです。いつかはスポーツカーにと思いながら、ルノーのホームページでメガーヌR.S.をチェックして、いいなぁと欲しくなったんですね。ディーラーで試乗したときからエンストしないようにと緊張していましたが、まったく心配ありませんでした。今のマニュアル車は本当によく出来ていますね」。(林さん)
 「家の近所にルノーディーラーがあって、冷やかしのつもりで立ち寄ったんです。最初はルーテシアを試乗しようと思ったけれども、試乗待ちのお客さんがいっぱいで、スタッフの方にメガーヌR.S.を勧められました。そしたら見事にハマってしまったという(笑)。私も久々のマニュアルで不安でしたが、そわそわしたのは最初だけ。シフトレバーを握るのが楽しくて仕方ありませんね」。(瀬野さん)
 メカ好きの林さんと瀬野さんは、これまで乗ってきた歴代のクルマでは物足りなさを感じると、パーツをチューンナップするのが当たり前だったそう。ところが、メガーヌR.S.は購入したときから変わらない標準装備のまま。本来ならばマフラーやホイールなどをカスタムしたいはずの二人が何も手をかけないというのだから不思議だ。
 「メガーヌR.S.は物足りなかったものを標準装備しているんですよ。レカロシート、ブレンボ製ブレーキなどが付いていて、馬力もターボも申し分ない。過去に乗っていたクルマは、エンジン以外ほとんどの部分が原型をとどめていなかったくらいですから」。(林さん)

03 04

03.林さんの趣味は週末カメラマン。キャリーケースをトランクに収め、
メガーヌR.S.は移動手段だが、時には撮影時の小道具となることも。

04.メガーヌR.S.の美しいフォルムは週末カメラマン
としての世界へと導いてくれる。

 「いじりたい性格だけど手をかけるところが見つからないんです。スタイルは目を引くデザインですし、驚きのパワー感も備わっている。よほどレースに出ない限りは今のままで十分です。やったとしてもステッカーを貼るくらい。意味もなく乗り回すものだから、ガソリン代だけがかかってしまいますけどね(苦笑)」。(瀬野さん)
 林さんと瀬野さんは、普段は会社に電車通勤し、クルマに乗るのは週末と祝日限定。同じ走りを楽しむ者同士だが、メガーヌR.S.の使い方はそれぞれ個性を感じさせる。カメラ好きの林さんは、オフの日は撮影機材を積んで関東近郊へとロケやスタジオ撮影に繰り出す。一方で、瀬野さんは奥様のご親族を訪ねるために九州の糸島まで1,200キロもかけて里帰りしたという。思い思いにメガーヌR.S.を楽しむ二人。その眼差しは少年のように輝いていた。

05 06

05.色は違えど、瀬野さんは同じメガーヌR.S.が
走る姿を自身に投影して富士スピードウェイにて撮影。

06.メガーヌR.S.のフォルムがあってこそ、デカールひとつで
さらにスポーティな装いに。いつか自分も。

Profile

※掲載情報は2015年4月時点のものです。

PAGE TOP