Renault Passions

Feature 01.「LOVE」をテーマにデザインされたルーテシア。一目見たならそのエッジのない魅惑的なフォルムに触れたくなるだろう。

R's Originality #045,

Words=Shota Kato
個性豊かなルノー車の魅力に触れよう!「FRENCH AUTUMN FAIR」開催!数あるルノー車の中から「ルノー ルーテシア」にフォーカス。その魅力をデザインと走行性から紐解いていく。

 皆さんボンジュール! 実りの秋もいよいよ後半を迎え、今年も残り僅かとなってきましたが、ルノー車での秋のドライブを楽しんでいますか?
 私たちルノー・ジャポンは11月7日(土)〜8日(日)にかけて、全国のディーラーで「FRENCH AUTUMN FAIR」を開催します。11月は秋の中でも最もドライブを楽しめるシーズンです。紅葉も見頃を迎える時期のドライブこそ、大切な人と一緒に楽しんでいただきたい。
 そこで今回は1つのモデルに焦点を当てて、その魅力をご紹介したいと思います。ご紹介するモデルとは「恋に落ちる=LOVE」をテーマにした「ルーテシア」です。

>01.恋に落ちる=「LOVE」を表現するルーテシア。<br>恋から始まる、美しき人生。そのファーストパートナーとして、ルーテシアは生まれた。

02.小排気量とターボチャージャー。優れた足回りと乗り心地の良さ。ルーテシアはパワーと快適性を兼ね備える。

 ルーテシアの特筆すべき魅力、それはデザインです。ルノーのデザイン戦略「サイクル・オブ・ライフ」をもとに原点からデザインした、「LOVE」をテーマに表現されたエクステリアとインテリアは、シンプルでありながらもダイナミック。まるでクーペのような情熱的なプロポーションは、胸の奥を刺激する恋愛のようなときめきを思い起こさせるに違いありません。
 エンジンは欧州のトレンドであるダウンサイジングエンジン。小排気量でターボチャージャーによりパワーを補い、優れた燃費と高出力を両立する効率の良いパワーユニットです。ルーテシアのインテンス・ゼンという2つのグレードには、2.0Lエンジン並のトルクを発揮する1.2Lターボエンジンを設定。ルーテシア ゼンのみルノー初の軽量コンパクトな3気筒エンジンである0.9Lターボエンジンをラインナップしています。どちらもコンパクトで静かながら、想像以上のパワフルな加速感。きっと驚いていただけるでしょう。

03.モダンで快適なインテリア。インテンスではボディカラーに合わせたインテリアカラーとホイールカラーの設定となっている。 04.スムーズ、そして運転の楽しさを伝える6速エフィシエント デュアル クラッチ(上)と5速MT(下)。

03.モダンで快適なインテリア。インテンスではボディカラーに合わせたインテリアカラーとホイールカラーの設定となっている。

04.スムーズ、そして運転の楽しさを伝える6速エフィシエント デュアル クラッチ(上)と5速MT(下)。

 エンジンとともに運転の楽しさを伝えるのはトランスミッションです。トランスミッションもエンジン同様に2種類を設定しています。ルーテシアのインテンス・ゼン1.2Lは、滑らかな走りを実現する6速エフィシエント デュアル クラッチ。2つのギアを効率良く使えるため変速時のショックが少なく、AT車からの乗り換えに全く違和感がありません。さまざまなシーンで常に安定した滑らかな走りを味わえます。またルーテシア ゼン 0.9Lには5速マニュアルトランスミッションを装備しています。刷新されたデザインだけでなく、2つのミッションを選べる自由さもルーテシアの魅力です。また、ルーテシアのすべてのグレードには坂道でも後退しないためにヒルスタートアシストも装備されているので、こちらもAT車から乗り換えても不安なく運転できます。
 運転の楽しさに快適性をプラスしてくれるのは足回りです。フランスの旧市街の石畳からアルプスのワインディング、オートルートと言われる1,200kmの高速道路まで様々な路面状況で鍛えられたルーテシアの足回りはしなやかな乗り心地を生み出します。クルマ全体で路面をしっかりととらえる感触とあわせて、長距離ドライブを快適にするフランス車ならではの体を包み込むようなルノー伝統のシートもぜひ体感してみてください。

05.坂道でも下がらないヒルスタートアシスト。ブレーキペダルから足を離してから約2秒間、車両の後退を防ぐ。 06.デザインを際立たせるインテリア パック デザイン〈ルージュ〉。豊富なアクセサリーで自分だけの1台を表現しよう。

05.坂道でも下がらないヒルスタートアシスト。ブレーキペダルから足を離してから約2秒間、車両の後退を防ぐ。

06.デザインを際立たせるインテリア パック デザイン〈ルージュ〉。豊富なアクセサリーで自分だけの1台を表現しよう。

 豊富なアクセサリーで自分だけのルーテシアに仕上げるのもオススメです。ボディカラーに合った6種類のインテリア パックデザイン コレクションで皆さんの個性を表現してみてはいかがでしょうか?
 週末はお気軽にフェアに足をお運びいただいて、バラエティ豊かなルノー車に乗ってみてください。それをきっかけにルノーの伝統やユニークなクルマづくり、そしてフランス文化に触れていただき、新たなカーライフを共にするクルマが見つかれば幸いです。皆さんのご来場を心よりお待ちしています。

Profile

※掲載情報は2015年11月時点のものです。

PAGE TOP