Renault Passions

A Memorable Drive クルマでお出かけした家族の思い出をめぐる。

R's Originality #047,

Words=Shota Kato
Photos=Makoto Tanaka(HUMPLAND)
佐々木 満成さん w/Renault KANGOO

 京都市内で自身のベーカリー、『テクノパン』を営む佐々木満成さんがルノーと出会ったのは今から30年ほど前のこと。店名の“テクノ”に関わっている、憧れのある人物がきっかけだった。
「イエロー・マジック・オーケストラの高橋幸宏さんなんです。本当は幸宏さんが乗っていた『ルノー 4』が欲しかったけど、僕は当時現代的だった『ルノー 5』に乗り始めたんですよ。幸宏さんから影響を受けてドラムを始めましたし、クルマ以外に音楽、映画、ファッション、店名に付けたテクノまで、色々なものを学びましたね。だから店内BGMはYMOか幸宏さん関連の音楽縛りです(笑)」。

01 02

01.「テクノとパンが好きだったら、テクノパンにすれば?」。
一緒にお店に立つ妹さんのひと言からキャッチーな店名が生まれた。

02.店内には佐々木さんの黄色いカングーをモチーフにしたオブジェが。
カングーはお店の一部となっている。

 現在の愛車はルノー 5から「ルノー カングー」へと移行。はじめてカングーを買ったのは2009年のことだった。
「僕の周りにカングーに乗っている人もいましたし、イギリスにパンの修行に行ったときに、向こうの街で多く見かけたのが大きかったですね。フランスのラ・ポスト(郵便局)のように、イギリスでもカングーは商用車として活躍していて、その光景がかっこよかったんです。帰国してからすぐに買って、今乗っているカングーは2代目になります。ルノーはどんな車種にもエスプリを感じますね。個人的にカングーは斜め後ろから見たデザインとシルエットが大好きです。使い勝手だけでなく、よく考えられたクルマだなと」。

03 04

03.毎日早朝3時に出勤してはパンを仕込む佐々木さん。
すべては佐々木さんのパンを待つお客さんのために。

04.カングーとキャッチーな店名に加えて、
赤いギンガムチェックのシャツもトレードマーク。

 取材当日にテクノパンに到着すると、なんと駐車場にはカングーを中心に10台ほどのルノー車が停まっていた。それぞれがテクノパンを訪れるお客さんたち。
「2000年半ばのことですかね。SNSを通じて知り合ったルノーファンの方たちがお店に来るようになったんです。それから輪が広がって、今ではたくさんの方たちが足を運んでくださるようになりましたね。有り難いことに、ルノーオーナーが来ない日はほぼ無いというくらいに。遠くは九州や関東から新車で購入したカングーの慣らし運転で来られた方もいました。そんなところから、ルノーはコミュニティが生まれやすいブランドだなって思いますよ。ここがきっかけでカングーに乗り換えたという方もいますし」。
 いつしかテクノパンはルノーオーナーたちの間で、「カングーオーナーがやっている京都のパン屋」という形で認知されるようになっていた。

05 06

05.オーソドックスなものから日本の惣菜パン
(名古屋の味噌カツパンなど)まで、佐々木さんがつくるパンは幅広く、
お店には連日たくさんのお客さんが絶えない。

06.店内にはイートインスペースも有り。
愛車を眺めながら佐々木さんとの会話も弾み、
それを目当てに訪れるルノーオーナーも多い。

 テクノパンの定休日は火・水曜日だが、普段は午前3時に出勤してパンを仕込む毎日。仕事のためにお店を往復する道中のカングーで過ごす何気ない時間も大好きだと佐々木さんは話す。高橋幸宏さんを入口にルノーを知り、今では生業のパンづくりにカングーが深く関わるように。「ルノーは僕の人生そのもの」と話す佐々木さんに、思い出に残っているドライブについて聞いてみた。
 「信州ですね。フレンチ・ブルー・ミーティングで訪れることが多い場所ですけど、四季を通じて変化のある景色を楽しめながら、運転を楽しめるんです。ドライブがてらにワインディングをカングーで走って、上高地の方にあるカングーオーナーが経営されている紅茶屋さんに立ち寄るのが好きなんですよ。昔はライトなアウトドアが趣味だったので、いつかはカングーで復活させたいですね。カングーなら荷物をたくさん積めますし。場所は九州の阿蘇の広大な景色がベスト。その時だけは仕事のことを忘れて、ゆっくりと何泊かして」。

テクノパン

京都府京都市伏見区淀際目町241-6
075-631-5599
9:00〜18:00(月木金) 7:00〜18:00(土日祝)
https://www.facebook.com/Technobread/

佐々木 満成さん 「テクノパン」オーナー 自身のベーカリー、テクノパンを京都市内で経営するカングーオーナー。カングーをはじめ多くのルノー車が集い、ルノーオーナーたちが立ち寄るドライブスポットとなっている。

※掲載情報は2015年12月時点のものです。

PAGE TOP