Renault Passions

What's New

R's Originality #048,

Words=Tatsuya Otani
“2つの世界”を持つ限定モデル「ルノー キャプチャー アニヴェルセル」がデビュー いくつもの表情を持つパリの街を「華麗で粋な9区」と「上品で洗練された16区」という
2つのテーマで描いた限定モデル、「ルノー キャプチャー アニヴェルセル」が登場!

 ルノーファンの皆さん、新年明けましておめでとうございます!2016年、どんなルノーライフをお過ごしでしょうか? 新年最初はデビュー2周年を迎えた「ルノー キャプチャー」に「おめでとう」と「ありがとう」の気持ちを込めた限定モデル、「ルノー キャプチャー アニヴェルセル」(以下、アニヴェルセル)をご紹介します。
 もともと「Explore(冒険の旅に出る)」をテーマとするコンパクトクロスオーバーのキャプチャーですが、今回登場するアニヴェルセル(Anniversaireはフランス語で記念日の意味)のコンセプトはルノーの生まれ故郷でもあるパリ。ただし、美と芸術の都であり、多くの人々が暮らすパリにはたくさんの表情があります。そこでアニヴェルセルでは、パリを代表する2つの世界をボディカラーとして取り上げることにより、その奥深さと多面性を表現しました。
 1つ目のテーマは「情熱」。パリが長い時を超えて美術、音楽、演劇、そして映画などの分野で世界をリードしてこられたのは、この街に暮らす芸術家たちの燃えたぎるような情熱がその原動力だったと言えます。アニヴェルセルでは、彼らの熱い情熱を「ルージュ フラム M」と呼ばれる緋色でストレートに表現。この深い赤(ルージュ)は、明るい陽光のもとで見ても思わず引きこまれそうになるほど魅力的ですが、パリの夜を彩る黄色い街灯の下では赤の深みがさらに増し、抑揚が効いたキャプチャーのボディをいっそう表情豊かに引き立てます。このルージュ フラム Mと組み合わされるルーフカラーは「ノワール エトワール M」。実はこの赤と黒のコンビネーションは、パリで有名な高級食料品ショップのサインにも見られるもので、パリジャン、パリジェンヌにとってはお馴染みの組み合わせといえます。

ルージュ フラム M +ノワール エトワール M ルージュ フラム Mのルーフカラーはノワール エトワール M。ブラック×レッドは艶やかで煌びやかな印象に満ちている。ブラックトーンのシンプルなインテリア。8インチナビゲーションシステムは使い勝手が良く、字光式キッキングプレートがコントラストを成す。

 また、鮮やかな深紅のルージュ フラム Mは、パリ9区に建ち、世界を代表する劇場でもあるオペラ座のインテリアを彷彿とさせるもの。それはオペラが幕を開く直前の、あのなんともいえない気持ちの昂りを象徴しているともいえます。

パリ9区

 アニヴェルセルにご用意したもう1つのボディカラーは「ベージュ サンドレ M」。ルージュ フラム Mに比べると控えめで上品なベージュ サンドレ Mは、パッシーとも呼ばれる高級住宅街の16区に並ぶ建物の外壁色とイメージが重なります。つまり、パリの人々の落ち着いた日々の暮らしの背景となっているのが、この淡いベージュなのです。手で触れればひんやりと冷たいのに、見ているとどこか温もりが感じられ、気持ちが落ち着いていく効果もあるこのカラーは、パリの日常を映す鏡といえるかもしれません。
 なお、ルーフカラーには同じく品のいいアイボリーのイヴォワールと、美しいコントラストを織りなすノワール エトワール Mという2つの個性をご用意しました。

左=ベージュ サンドレ M+ イヴォワール 右=ベージュ サンドレ M+ ノワール エトワール M シートとステアリングホイールのデザインにロサンジュがあしらわれたベージュ サンドレ Mのインテリア。シルバーの内装トリムが施されている。ベージュ サンドレ Mはルーフカラーをイヴォワールとノワール エトワール Mのいずれかを選択可能。落ち着いた配色に気品が漂う。

 オペラ座の外壁にも見られる淡いベージュは、その内側に秘めた情熱を包み込み、覆い隠す役割も果たしています。つまり、内と外、非日常と日常、燃えるような情熱と静まりかえった理性、そんな好対照をなすパリの二面性がアニヴェルセルのボディカラーには込められているのです。

パリ16区

 キャプチャー アニヴェルセルは、1.2L直噴ターボエンジンに6速エフィシエント デュアル クラッチを組み合わせたキャプチャー インテンスをベースに、シートとステアリングホイールのデザインにはルノーのロゴマークであるロサンジュ(ダイヤモンド形)をあしらったほか*、8インチSDナビゲーションシステムを標準で装備。それでいながら価格はベースとなったキャプチャー インテンスに対して2万円アップの269万2,000円(メーカー希望小売価格、消費税含む)としました。
 販売台数はルージュ フラム M+ノワール エトワール Mが100台、ベージュ サンドレ M+ノワール エトワール Mが50台、ベージュ サンドレ M+イヴォワールが50台の合計限定200台。パリの息吹が感じられる特別なキャプチャーの魅力を、お近くのルノー・ディーラーでお確かめください。

* ベージュ サンドレ Mのみの装備となります。

※掲載情報は2016年1月時点のものです。

PAGE TOP