Renault Passions

A Memorable Drive クルマでお出かけした家族の思い出をめぐる。

R's Originality #049,

Words=Shota Kato
Photos=Masuhiro Machida
山岸 哲哉さん w/Renault KANGOO PAYSAGE

 平安から続く長い歴史と豊かな京都の里山を感じる大原。医師であり自転車愛好家の山岸哲哉さんは、所属する大原朝市サイクリングの仲間たちとこの地域を定期的に訪れている。この日も愛車の「ルノー カングー ペイザージュ」に自転車を載せ、グループライドに出かけたのだった。
 山岸さんがルノーと出会ったのは自動車雑誌を読み漁っていた学生時代。当時はRENAULTの読み方すら分からなくて、まさかルノーオーナーになるとは思いもしなかった。それが具体的になってきたのは2年ほど前。現行の「ルノー ルーテシア」を試乗しにルノー・ディーラーを訪れた時に、お店の勧めから「ルノー カングー」も試乗したのだった。

01 02

01.RENAULT PRESSE 47号に登場した京都市の『テクノパン』へ。
同じカングーオーナーの佐々木さんとルノー話が弾む。

02.屈指の難コースと言われるヒルクライム大台ケ原にて。
カングーの荷室はレースに必要な道具の収納がスムーズ。

「長い車生活になりますが、大きく変わったのは長男と長女が生まれてからですね。子どもたちと過ごせる車種の中から、将来的に自転車を積みながら家族でサイクリング旅行ができるものを探していました。はじめて乗ったカングーは正直イマイチだったんですが、『ルノー カングー ゼン 6MT』が発売したときにまた試乗してみたら一発で気に入ってしまって。最初はカングー ゼン 6MTに乗り換える予定で、妻もAT免許限定を解除してMT免許に切り替えたんです」。
 本当は初代カングーの黄色にあたる「ジョン・シトロン」が欲しかったが、カングー ゼン 6MTの黄色は「ジョン・アグリュム」という微妙に異なる黄色。それでも心を決めていよいよ商談に移ろうとした矢先に、ジョン・シトロンのカングー ペイザージュが発売されるという話を聞き、ATモデルのペイザージュを購入することを決めたのだった。

03 04

03.秋といえば紅葉。近場の高台へ。意外と小回りが利く
カングーになってから家族でドライブに出掛ける機会が増えた。

04.比叡山ドライブウェイにて。
大津市と琵琶湖を一望できるロケーションは絶好のドライブルートだ。

「カングーはとにかく運転しやすいです。1,800mm超の車幅のクルマとは思えないくらいに取り回しが良くて、プライベート以外に仕事の移動にも使っています。奈良や滋賀など週に300〜400kmは走りますが、疲労が少ないですね。子どもたちは後部座席でよく寝ます(笑)。なかなか降りたがらなくて、『カングー』という名前を覚えるくらいに気に入っていますね。あとは天井の高い荷室。ロードバイクは前後ホイールを外したら2台余裕で載ります。大会に出場する時は自転車以外に、ウェアやウォーミングアップ器具、宿泊道具などの大量の荷物が必要なんです。カングーの荷室にはそれらを難なく積むことができるから重宝しています。子どもたちが自転車に乗れるようになったら、ルーフキャリアも駆使して自転車を4台積んで、しまなみ海道や淡路島へ行きたいですね」。
 山岸さんによると、自転車乗りにはルノーオーナーが比較的多いという。初対面でもルノー車に乗っているだけで盛り上がるのだとか。大会や合同練習会の際は仲間からも使い勝手について質問が絶えなかったそうだ。

05 06

05.納車間もない頃に大阪府枚方市のイチョウ通りにて。
色をこのジョン・シトロンにして良かったと思った瞬間。

06.納車翌日にいきなり高知へのロングドライブ。
道中の車内は快適そのもの。和歌山からフェリーで徳島へ。

「医師の中でも私のような勤務医という仕事は、実は転勤が多いんです。これまで高知、丹波、静岡と病院を渡ってきましたが、行く先々で自転車をきっかけに仲間が増えて、自転車にのめりこみました。7年ほど前からは仕事の合間を見てはヒルクライムレースにも出場しています。5年前、京都に戻ってきた以降も一人で乗っていましたが、一人で朝練していた1年半ほど前の日曜日に偶然、大原朝市サイクリングと遭遇したんですね。誘われるままに毎週日曜の走行会に参加して、仲間が増えたんです」。
 オンにもオフにも大活躍のカングー。今後も使い込んでいくことでますます愛着が増すだろう。

山岸 哲哉さん 医師 京都府内の病院に勤務する眼科医。学生時代は陸上部に所属。医師として働きだしてからも継続可能なフィットネスを探し、サイクリングに行きつく。今年は地元奈良の大会にて初入賞。サイクリング熱に拍車がかかる。

※掲載情報は2016年1月時点のものです。

PAGE TOP